読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あずみの吐き出し場。

あずみの頭の中のあれやこれやを吐き出す場です。

マウンティング女子・マコちゃんと私

知人にマウンティング女子がいる。ここでは仮にマコちゃんとする。

 

マコちゃんは頭のいい子である。ゆえに仕事がデキる系である。理系出身。容姿はぶっちゃけ悪い。性格は負けず嫌い。服はカジュアルだと思うけど、どこに分類したらいいか分からない系。私とは同じ職場、同じ年次。仕事上つかず離れずくらいのつながりである。

 

私はマコちゃんはデキる子だなーと思っている。それ以外、特に興味がない。服の好みも趣味も、私とは合わないことが早々に分かったし。

配属が同じになってしばらくは適度な距離感を保ててると思っていたのだが、ある日の飲み会で、マコちゃんの別の一面を知ることになった。

「あずみちゃんはいいなー、可愛い服似合うし、女の子らしいし」

何でいきなりそんなことを言われたのか分からないが、とりあえず私は黒髪ロングでスカート派だけれど顔は美人でもかわいくもない。毎日着てるから似合うと認識されてるのかな…? そんなことを考えている私を置いてマコちゃんは喋りつづけた。

「私の友達にもすっごく可愛い子いて。顔可愛いし、痩せててスタイルいいし…でもいいんだ、私の方が胸おっきいから」

…ホワッツ?なんで胸のサイズの話になった??てかこの場に男性上司もいるんだけどそんな話していいのか。ほら見ろみんな返答に困ってるし!!とか思ってたら別の人が違う話題を持ち出してみんなそっちに流れた。

マコちゃん賢い子だなと思ってたけど、私買いかぶりすぎてた??

でもそれ以降、マコちゃんに対して時々違和感を感じるようになった。

 

たとえば。

私は某キャラクターが好きでその雑貨を持っているのだけど、その話をした後日、同じキャラクターのバッグを持ってきた。マコちゃん今までそのキャラクターに全然興味なかったのに。これって何かコメントした方がいいのかなーと思って「そのキャラクターいいよね可愛いよねー」と話しかけるとマコちゃん得意げ。でも私、そのキャラクターなら何でもいいわけじゃなくて、マコちゃんが持ってるテイストはあんまり好きじゃないからほっといた。…ら、持ってこなくなった。

あるいは。

学生の頃の話をした時。私がふと「そういえばうちの研究室の教授、メーカーの研究員だったらしくてさ、」と話すと「うちも教授がメーカー××の研究所にいたらしくて~」と話しはじめ、そこからマコちゃんの独壇場に。私それが話したかったわけじゃなかったのに…まぁもうどうでもいいや、と相槌に徹する。こんな風にマコちゃんに話を横取りされることは多々あって、旅行の話、趣味の話…その度に「私の方がすごいアピール」「私の方がよく知ってるアピール」をぶっこんでくるので、はぁそっすかーよかったねーと適当に相槌打って心の中で鼻くそほじってる。ほじほじ。

 

なんだろう、なんか「あずみちゃんに私のことすごいと言わせたい」みたいな感じを受けるんだよなぁマコちゃん。仕事はデキる人だから、時々仕事で私がマコちゃんに指摘を受けて「あっそうだよね、その通りだわー」と言うとマコちゃんドヤ顔。いやいや、成果物の精度上げるのにどっちが上とか関係ないでしょ…。

マコちゃんは「自分が勝てそうな相手に、自分が得意なフィールドでマウンティングして、自分の力を誇示したい」んだろうなーと思う。事実、ファッションや髪型や容姿のフィールドで彼女が仕掛けてくることはない。だって、自分が負けると分かっているから。自分が勝てる勝負しか、彼女は仕掛けてこないから。そりゃ勝てる勝負しか仕掛けてこなけりゃ勝てるよね。もっともその「勝ち」も本人が勝手に決めた「勝ち」なんだけど。そんなマコちゃん、なんか憐れだなーと思う。

 

以下、私の想像だけど。

マコちゃんは理系だから、負けず嫌いも功を奏して研究成果を出してのし上がってきたのだろう。だが、会社に入ったら女性らしい格好の女性が結構いて、自分の得意な研究フィールドは通用しない。ファッションは管轄外。自分の容姿にはコンプレックスがある。そういう嫉妬心を、同じ年次で、何も言ってこなさそうな私をマウンティングすることで晴らしている。

こんなところかな。

 

私はマコちゃんに対して何も思わないかというとそうでもないけど、めんどくせえなと思う時は適当に流している。そもそも私、相手にしようと思わないからなー。相手にするだけの容姿もステータスもないって私もマウンティングしてるのかもね。うふふ。

 

それからマコちゃん、私が結婚生活や子どもの話をすると、いつも露骨に興味なさそうな顔するけど、本当は結婚も出産もしたいんじゃないの?でも自分とは無縁だと思ってるから仕事に逃げてるんじゃないの?私の方が仕事がデキるからいいもんって思ってる節あるけどそこらへんどうなの?ねえねえ、マコちゃん??

…っていつも思ってるけど、私はマコちゃんと違って女性らしさと奥ゆかしさがウリだから、自分からそのイメージ壊しにいくほどバカじゃないから言わずに黙ってるだけだからね。うふふ。